HOME 不動産買取時(不動産会社による買取)の注意点

不動産買取時(不動産会社による買取)の注意点

不動産の売却方法には(仲介)と(買取)の2種類があります。

仲介とは

不動産会社が買主様を探す事です。
不動産会社に所有している不動産の売却を依頼して不動産会社が広告やネットワークを使い購入したいお客様を探します。        
成約時には規定内の仲介手数料が発生します。

買取とは

不動産会社が直接お客様の不動産を買取することです。
購入者を広告費をかけて広く探す手間が省け早期に売却が可能になります。

一見買取の方が早期に売却が出来るため、メリットがあるように感じますが大きなデメリットがあります。

そのデメリット(注意点)の一つが仲介で不動産を売却するより買取価格が低くなることが多いことです。

(一般的に仲介で売却できる市場価格の60%〜80%程度の金額)
仲介手数料はかかりませんが不動産会社は自社で不動産を売却し利益を出さなければなりません。

そのため、営業にかかる広告費、リフォーム費用や会社の収益などを考慮し、確実に売れるであろう金額を想定して買取ります。ゆえに、買取金額は低くならざるを得ません。

ただ、売却金額が低くなっても直ぐに現金化できるなどメリットもありますのでお客様の売却が仲介に向いているのか買取に向いているのか知る必要があります。

売却方法の選択の基準

仲介の売却に向いている方(金額優先の方)

① 売却に時間がかかっても大丈夫  
② 買取の査定金額より高く売却したい

買取の売却に向いている方(時間優先の方)

① 早く売却し現金化したい
② 売却を人に知られたくない
③ 瑕疵担保責任を負いたくない(買主が不動産業者の場合、外から分からない欠陥があったとしても損害賠償の対象にならない。)

単純にこの情報だけでは判断は難しいかもしれません

「売却の窓口」では、買取の売却に向いているお客様にも向いていないお客様にも、その状況に応じ適切な不動産売却のアドバイスや情報、更には注意点などもご提供してお客様のご納得できる売却のお手伝いをさせていただきます。

コメントは受け付けていません。