HOME » よくあるお問合せ 瑕疵担保責任と修繕・リフォームに関する疑問

不要な家具があります。売る時には全部処分しないといけませんか?

不動産を売却する際には、空き家の状態で引き渡すことが原則となり、
不要品の処分は売主様の負担となります。

処分方法は、引越し時に引越し業者に引き取ってもらう、リサイクルショップに売却する、などの方法があります。
※粗大ゴミ等の手配は時間がかかる場合もありますので、事前に準備しましょう。

カテゴリー: よくあるお問合せ, 瑕疵担保責任と修繕・リフォームに関する疑問 | コメントをどうぞ

建物が古いのでクレーム等が心配で売却への決心がつきませんが・・・?

建物が古い場合でも販売が可能です。
また古い場合は瑕疵担保責任が免責されることもあります。
まずは担当者にご相談しましょう。

カテゴリー: よくあるお問合せ, 瑕疵担保責任と修繕・リフォームに関する疑問 | コメントをどうぞ

建物が傷んでいる部分があります。黙っていても大丈夫でしょうか?

不動産を売却する場合、実は「不利になるのでは?」と思われることを明らかにした方が有利になります。
黙って販売して一定期間に発覚すると、瑕疵担保責任により売主様負担で補修の義務が生じます。

カテゴリー: よくあるお問合せ, 瑕疵担保責任と修繕・リフォームに関する疑問 | コメントをどうぞ

リフォームは必要ですか?

一般的にリフォームの必要はありませんが、程度により修繕が必要になる場合もあります。
ただし、印象を良くすることで早期の売却が実現するケースもありますので、不動産会社に相談されるとよいでしょう。

カテゴリー: よくあるお問合せ, 瑕疵担保責任と修繕・リフォームに関する疑問 | コメントをどうぞ

エアコンなどの住宅設備に不具合がある場合は修理しなくてはいけませんか?

特に必要ありません。ただし、一般的に使用できない状態のものは撤去を希望される買主さまがほとんどです。
また、設備の中でも給湯器のような日常生活に不可欠なものに不具合があると売買自体が成立しにくいので、
この場合は事前の修理をお勧めします。

また、契約時には「付帯設備表及び物件状況等報告書」という書類を作成します。
買主様に引き渡す付帯設備や物件自体に見えない不具合が有り、
それを把握している場合はその箇所をあらかじめ知らせる必要があります。

カテゴリー: よくあるお問合せ, 瑕疵担保責任と修繕・リフォームに関する疑問 | コメントをどうぞ